少しずつ変えていく

美容と健康は同じ意味、そう思うこの頃です。ということは、それなりの年齢になってしまったということでもあります。 昔は、やせたいために無理しても、それで体重計の数字が減ればいいと思っていました。そんなに無理なダイエットはしないものの、それは親にきつく止められていたからで、もし早くからひとり暮らしをしていたら、食事に気を使わなくなり、それでやせて喜んでいたかもしれません。逆に太ってしまったかもしれませんが。 今は、不摂生をすればすぐにお肌にひびきます。寝不足で吹き出物が出ますし、食事や水分不足ですぐにカサカサです。 1番いいのは適度な食事、適度な運動、適度な睡眠、ストレスをためないこと、こういう生活だと思いますが、毎日守ることはできません。これは諦めています。でも最近はもうちょっと生活を改善しようと、寝る時間をそれまでより少し早くしました。睡眠以外にも、これから少しずつ改善していくつもりです。運動も少しずつ始めています。 食事も少しずつ変えています。お菓子の量を減らし、野菜を多めにとることを心がけています。これで何か変わったことはまだありませんが、最初から大きく改善しても続かないので、このテンポでいいかなと思っています。

ずぼら背中美容法

わたしは背中にニキビができないことと、背中のきれいさは誰にも負けない自信があります。 たまになんでそんなに背中がきれいなのかを聞かれたときに答えるのは、「何にもやっていないよ」ということにしています。 というのも、ほんとうに何にもやっていないからです。わたしはこれを「ずぼら背中美容法」と呼んでいます。 背中のニキビの主な原因の一つに、「擦りすぎ」「シャンプー、コンディショナーの流し忘れ」というものがあります。 何にもやっていないというのは、その二つを改善するだけなのです。 まず、「擦らない」わたしは背中を洗う際に、全く擦りません。 そして「シャンプー、コンディショナーの流し忘れ」わたしはちゃんと洗い流します。 この二つの共通点は、「シャワーをあてがい、入念に洗い流す」ということだけです。 おふろに入り、シャンプー、コンディショナー、を行った後は、背中を入念に洗い流すのみです。勿論手のひらで優しくこすることはOKです。 けしてスポンジやタオルでごしごし洗いはしません。あくまで優しくこするのみです。 たったこれだけで背中美人になれます。 というのも、あまり洗いすぎると肌が傷んでいしまい、結局ニキビを作る原因になってしまうからだそうです。 お湯で洗い流すだけで背中は十分綺麗になりますので、是非一度試してみてください。

オススメリンク

得意分野は眼瞼下垂の手術です/神戸アカデミアクリニック
小鼻縮小をお考えの方なら:コムロ美容外科
ボトックス注射大阪で人気です;サクラアズクリニック

 

体を冷やさないということ

美容に関して調べていくうちに、冷えが大敵だということが分かりました。
これはたぶん多くの女性が知っていることだとは思いますが。
体を冷やさないほうが生理痛も軽減させることができ…